東大合格発表体験記。







3月9日

日記を書き終えたあと、緊張のため眠れない。
というか、徹夜する気マンマンだった。
三国無双4をやりながら、
それでも不安になりながら耐え抜きました。
2ちゃんねるに感謝。




3月10日

7時。

外出。
名古屋駅の新幹線の手続き。
もちろん学割をつか・・・ってデキネー!
学生証持ってくんの忘れたil||li _| ̄|○ il||li

学生証発行ナンバーは714「(受験番号)ないし」
だったので使えなかったことにちょっと感謝。
2000円近く損しましたけど、ええ(負け惜しみ


8〜10時。

新幹線。
不安と緊張がピークに達する。
心臓の鼓動は180毎分くらい。
1秒、1分がとてつもなく長く感じる。


10時東京駅到着。

最寄の駅まで行き、
マックでポテトL、コーラLを注文し、
窓側の席で、おそらくは同じ大学の発表を見に行くであろう人を観察。

「いかにも」って人もいれば、

「スゴイ」くらいの美人までいるではないか。

「あいつらは灘高校だな」

「同じニオイを感じるぜ」

「あの人電波出してるよなー」


とにかくいろいろ考える。


(´-`).。oO( ところで目の前のポテト、全く味がしないんですが
(´-`).。oO( コーラも味がしないよな
(´-`).。oO( というか口から変な液体が出てくるんですが
(´-`).。oO( 緊張のせいでしょうか



11時。

このころになると人間として壊れてくる。

「アヒャー!!!」
って叫んで大学に突入しようかと思ったり、


隣のタバコくさい人間にコーラをぶっかけたくなる。


とにかく全神経がヤバイ。
試験の100倍は緊張している。
何もしないのに手が震える。



12時。
もはや我慢できないとマックを飛び出し、大学まで早歩き。
そして大学へ入場。


12時17分、発表。

アメフト部を先頭にして、少しずつ列が進んでいく。
アメフト部が叫ぶ。
少しずつ、少しずつ進む。

ここで、
もっとも近くにある、小さな掲示板には注意である。
これは、
「後期第一選抜合格発表」なのであり、
ここに番号があるということは、
前期落ちということを意味するのである。
(前期後期を東大に出願した場合)

隣人の
「これみちゃいけないんだよな〜」
という言葉で僕も気付けた。ヤバイことだ。

奥の方にある、
「前期2次選抜」の掲示板に向かう。


そのとき、少し前で一人目が胴上げされた。
本大学一人目の合格者である。




とにかく進む。
またひとり、またひとり胴上げされていく。

掲示板をみる。番号はA50638.





・・・・・・




・・・・・





A50630

A50632

A50638



・・・・・













あった。


















叫んだ。














胴上げされた。
























レポーターが駆け寄ってきた。














サークルのチラシがあっというまに手元に集まる。













「あの、エール出版ですが・・・」












色んな声が混じって、わけがわからなかった。
「一日限りのヒーロー」
たぶんこの言葉が一番状況を表すのに適した言葉だろう。


そうこうしているうちに3月10日は終わった。
人生を変える一日が、あっけもなくおわってしまった。





ちょっとした虚無感と、一握りの嬉しさを噛み締めて、
大学構内の、ひんやりとした春の風に僕は立っていた。







以上、
国公立大学合格発表実況中継、「表」でした。









今日はこれからお礼参りに予備校に突入するので
「裏」は明日書こうと思う。





いままでの僕が書いてきた別の日記は
内容が内容だけにごく少数のひとだけにみせてきました。
けれど、今回の日記は大々的に宣伝しようと思う。

(´-`).。oO( 絶対コイツ大学合格自慢しようとしてるよな・・・



中学の友人、恩師、高校の友人、ネット友達、メル友、みんなに宣伝しました。



みなさんのおかげで合格することができました。
ありがとう、サンキュー(重複)



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO